キャッシング > 未払賃金のせいでキャッシングが返済できない

未払賃金のせいでキャッシングが返済できない

倒産や廃業など、近年の不景気からの影響で、給料が払ってもらえていない人も少なくはありません。そのせいで、キャッシングの返済がきちんと出来ていない人も多いのです。キャッシングは急な出費の対応には便利ですが、便利なだけに借りすぎる後の返済が厳しくなります。しかし、未払賃金は絶対に泣寝入りして諦めてはいけません!

実は日本には「国の未払い賃金立て替え払い制度」があります。 これは、会社に変わって国が未払い賃金のうち8割を肩代わりしてくれるのです。

勤務先が様々な理由で事業が停止してしまい、給料が未払いになってしまいます。 そこで、再開する見込みが無いと判断された場合、この制度に申し込むことができるのです。 なので法人でなく、個人事業であっても対象になりますので、諦める必要はないのです!

法的な倒産をしてしまった場合は、厚生労働省管轄の労働者健康福祉機構に相談すれば、未払い賃金を建て替えてくれます。 法的な倒産ではなく、オーナーがいなくなってしまった、自主廃業をしたという場合は、最初に労働基準監督署に行きます。

そこで、勤務先が倒産状態であるということを申請し、認められたら労働者健康福祉機構に未払い賃金を請求しましょう。 ただし、利用するには様々な条件があり、そして年齢によっても支払われる金額が変わります。 なので申請する場合は、まずは条件をクリアしているのかどうか、相談をしましょう。

これは正社員だけではなく、アルバイトやパートなど非正規雇用の人でも利用はできます。 なので、未払い賃金がある場合は泣寝入りせずに、まずは相談をしましょう。 相談する際には、必要となる書類もあると思いますので、スムーズに手続きできるように、予め必要と思われるものは全て用意していきましょう。

キャッシングには信用が大切であり、賃金が未払い故にキャッシングの返済ができなくなっては、この先の借入にも影響してしまいます。 信用情報に傷を付けないように、金融事故が記載されてしまわないように、このような制度を利用して、しっかりと未払い賃金を受け取ってくださいね!

キャッシング利用は担保や保証人が必要?

初めてのキャッシング利用では、わからないことがあって当然です。 問題はわからないことをわからないままにしてしまうことなのではないでしょうか。

利用前の疑問は、きちんと解消し、納得のいくキャッシング利用をしてください。

お金を借りる時、「担保」や「保証人」といったキーワードを耳にすることがあるかもしれませんね。

なんとなくイメージはできるけど、具体的に何なのかは分からない・・・。そんな方もいらっしゃるはずです。 ここでは、そんな担保と保証人についてお話しいたします。

「担保」とは、万が一お金が返せなくなってしまった時の為に、 債権者(お金を貸す側)へ弁済の確保を行うため 債務者(お金を借りる側)から提供させる対象を指します。

なんだか難しそうな感じですが、つまりは返せなくなってしまった時に、 お金の代わりに借金の返済に充てる品物をあらかじめ預けておく、という事ですね。

「保証人」とは、万が一債務者(お金を借りる側)が返済できなくなってしまった時のために、 債務者本人に代わり返済義務を持つ人の事を指します。

あなたがお金を返せなくなってしまったら、その借金を保証人が返済する、という事です。 名前こそ異なりますが、この保証人というのも担保の一種なのです。

ここまで担保と保証人についてお話しいたしましたが、 じつはキャッシングを利用する際、これら担保や保証人は必要ありません。 説明を読んで、「やっぱりちょっと怖いかも・・・」と感じていた方は一安心ですね。

個人への貸付けは金額が少ないため、キャッシング会社が覆う危険性も さほど大きくない、ということがその理由だと言われています。

また、担保や保証人が必要になれば、その分キャッシング利用のハードルは高くなり、 利用するお客も減ってしまうことが考えられますので、 キャッシング会社にしてみればその方がリスキーなのかもしれませんね。

また、保証人に必要がない、ということは、誰にも知られることなくキャッシングの利用が可能であるということです。 お金にまつわる事情は大変プライベートな問題ですので、人に知られずに済む、という点も嬉しいですね。

キャッシングの過払い金って何?

「利息を払いすぎていませんか?」 「過払い金返還請求」 このようなフレーズを広告やコマーシャルで目にしたことはありませんか?

「お金が返ってくるみたいだけど、よく分からないし・・・。」そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ところが、そう考えている方でも他人事ではないかもしれないのです。

では、そもそも、最近よく耳にする〝過払い金〟とは一体なんなのでしょう。

過払い金とは、簡単に言えば払いすぎた利息やお金のことを指します。 グレーゾーン金利とも呼ばれ、本来は払う必要のないものですので、返還請求で返してもらうことができるのです。

利息制限法という法律では、 「総額で10万円から100万円未満のキャッシングでは18%以上の利息を取ってはいけない。」 と定められており、この利息を超えた返済は本来する必要のないものなのです。

これまでにキャッシングでお金を借りた経験をお持ちの方や、 元味もお金を貸している状態の方の中には、当てはまるかもしれません。

というのも、意外に思われるかもしれませんが、大手キャッシング会社で誰もが知っているような業者も、 ほんの数年前までは利息制限法で定められている以上の高金利でお金を貸していた過去があります。

「私は大手から借りているから、過払い金とは無縁だろう」 「過払い金って、怪しいトコロでお金を借りた人に関係するはなしでしょう?」 と、何もしないでいると、返ってくるはずのお金を損してしまうかもしれません。

ですので、利用した会社の大小に問わず、過去に借り入れの経験をお持ちなのであれば、 過払い金返還請求も他人事ではないと自覚をしましょう。

あなたが一生懸命返済したお金は、もしかすると、返さなくても良かったかもしれません。 事実、過払い金に該当しているのにも関わらず、何もしていない方が現在も大勢存在していると言われています。 これはとてももったいない事だと思いませんか。

過払い金は、あなたの大切なお金です。 もしも「あれ?」と思い当たる方がいらっしゃいましたら、 まずは自分に過払い金があるのか否かを確認してみてください。